人形供養のお焚き上げ「照谷寺」


人形供養のお炊き上げは会津若松市の「照谷寺」にて行われています。

照谷寺は、天平神護景雲元年(765)明尊律師により谷間の地を開き、沢田360枚を開墾し、開山にいたり現在1240年を迎えます。寺の創立が神護年間にちなみ、山号を「神護山」、谷間を開いて建立した事から寺号を「照谷寺」と名付けたと云います。

大切にしてきたお人形やぬいぐるみを感謝を込めて供養し、この歴史あるお寺にてお炊き上げを行います。

お炊き上げの様子▼