神保アネシスメイト会員様旅行~越路もみじ園・越後国一宮「弥彦神社」の旅

11月12日に行われましたアネシスメイト会員様旅行~越路もみじ園・越後国一宮「弥彦神社」の旅、バス4台138名にて無事に開催されました。

最初は、新潟県長岡市にあります「越路もみじ園」です
越路もみじ園は、明治29年頃神谷の大地主、高橋家の別荘の庭園としてつくられたもので、約4千平方メートルの敷地内に、樹齢150~200年のもみじや山桜、カエデ類、ツツジなど多くの植物が植えられています。
この日は、紅葉も見事でした

その後、同市内にある「寺泊」に移動し

美味しい海の幸を頂きます

寺泊は、古くから漁業が盛んで、市街地にある海産物の店舗が軒を連ねる「魚の市場通り」は有名です

昼食でお腹を満たした後は、越後国一宮「弥彦神社」に参拝

越後国の一宮だけあって、素晴らしい神社でした
ちなみに、弥彦神社は正式に「いやひこじんじゃ」と読むのだそうですが、地名などが全て「やひこ」と読む関係で、一般には「やひこ」とも呼ばれるそうです

帰路では「新潟ふるさと村」に寄ってお土産を買い、会津に戻ってきました

改めまして、大勢の会員様にご参加頂きまして改めまして御礼申し上げます。