お葬式講座

【見積書の大切さ】 お葬式はまず見積書を理解することから

【見積書の大切さ】 お葬式はまず見積書を理解することから
弊社では、どのようなお葬式にするかをご遺族と一緒に考えた上で、お見積書をお出しさせていただいてます。
ただ、お葬式の費用についての知識を持っている方は少ないので、実際にお見積書を見て、予想以上に費用がかかることがわかったり、逆に予想外に費用がかからないことがわかったり、ということがあります。そんな時は、そこであきらめずにご相談ください。

最初に出したお見積書をもとに、何が必要で、何が不必要かを考えて、あらためてお見積もりをお出しします。

お見積書を見て、はじめてわかることもあるのです。
だからこそ、お出ししたお見積書には、必ずじっくりと目を通してください。
そしてわからないことは、どんな小さなこともでも聞いてください。
よいお葬式は、見積書をじっくりと見ることから始まるのです。

【宗教者について】 わかりにくい宗教者との付き合い方

【宗教者について】 わかりにくい宗教者との付き合い方
僧侶や神父・牧師、神官などの宗教者は、お葬式を行うにあたってとても大切な存在です。
その一方で、どうしたらいいかが、最もわかりにくいのが宗教者への対応です。
特にお布施などお礼の費用について、心配されている人も多いでしょう。
確かに宗教宗派によって金額は異なりますし、極端な話、隣のお寺でも金額が異なるというケースもあるようです。
ご不安な時は、ご遺族の負担にならないよう、状況に応じたアドバイスをさせていただきますので、いつでもご相談ください。

また、いざという時に、お願いする宗教者がいない人も少なくありません。
そんな時は、家の宗教宗派にあわせて、僧侶や神父・牧師、神官の方をご紹介することができますので、その旨をお話しください。
心をこめてお葬式を勤めていただける宗教者をご紹介いたします。

【打合せのコツ】 わからないことを、わからないままにしない

【打合せのコツ】 わからないことを、わからないままにしない
ご家族がお亡くなりになってお葬式の打合せをしている時、思いついた疑問を色々と聞いてくる人と、全く聞いてこない人がいます。
私たちの経験からいうと、何でもスグ聞いてくる人のほうが、後悔の無いお葬式をしているケースが多いようです。

お葬式を行うということは、ほとんどの人が一生のうち、一度か二度しか体験をしません。だから、お葬式について何もしらないというのが当たり前なのです。

だからお葬式を行うにあたっては、いろんな疑問があると思います。
「これって、どういう意味があるの?」「これって、本当に必要なの?」
「お坊さんには、どうやってお願いすればいいの?」「他の家は、どうやっているの?」
その他、いろんな疑問があると思いますが、疑問を持ったら、必ずスグ聞いてください。

「こんなこと聞いちゃ、失礼かな」「何も知らないみたいで恥ずかしいな」などと思う必要はありません。
みんな何も知らないのですから。

わからないことはスグに聞く、それが後悔の無いお葬式をするためのコツなのです。

【香典について】 香典も葬儀費用をささえている

【香典について】 香典も葬儀費用をささえている
お葬式はとても費用のかかるものですが、会葬者からは香典をいただくことになり、ある程度は費用の負担を補うことができます。
香典というものは故人への弔意を示すものですが、お葬式を行う遺族への経済的な扶助という意味合いもあるのです。
最近、費用を抑えるために、会葬者を呼ばずに小さなお葬式をするという選択をする人もいますが、会葬者がいないため香典が少なく、かえって負担が増えてしまうというケースもあります。
ですから、「どんなお葬式を行うか?」を考えるにあたっては、香典のことも頭の片隅にいれておくといいでしょう。